Browse By

チケットショップで外貨両替が行える

チケットショップには多くの金券が売られています。商品券、図書カード、交通機関の切符などもあります。通常はそれらを販売しているところで購入しますが、そこから購入するよりも格段に安く買えます。そのために利用する人も多いようです。外貨両替をするときにチケットショップを利用することがあります。すべてのショップではありませんが、一部では扱っているところがあります。その日のレートなども示されているのでわかりやすいです。大手のチェーン店であればどの店でも同じ価格になります。チケットショップの良いところは空港などに比べると安く利用できる場合があることです。ですからコストを下げることができます。1円手数料が異なるだけで大きく異なります。たかが1円ですが、両替をするときには大きく影響するので気を付けなければいけません。

外貨両替では取り扱っている銀行を利用

銀行ではお金のサービスを受けることができます。基本的には日本では日本円のサービスです。日本円を預けたり、借りる、引き出したり振り込みをしたりすることができます。日本円同士なので特にレートなどはありません。手数料がその都度かかるだけです。外貨両替をするときに銀行を利用することがあります。銀行にはそれぞれの通貨が用意されていて、それらに替えてもらえます。銀行によっては扱っていないところもあるので店頭などでチェックをしましょう。案内係の人に聞いてみるのもいいでしょう。銀行の中に入ると金利などが示されているボードなどがあります。最近は液晶ディスプレイなどで表示されているかもしれません。こちらに現在のレートが示されている場合があります。銀行間ではほとんど差はないですが多少高い安いがあるので安い銀行を探しておくといいでしょう。

外貨両替は金種を選んで行うのがよい

1ドル100円の時、1万円札はいくらになるかです。1万を100で割ると100なので100ドルになります。100と聞くと日本ではコインのイメージですが、アメリカでは紙幣になります。その他10ドルや1ドルなどもあります。紙幣やコインなどもあります。普通に生活をしようとするなら、あまり大きな単位のお金がありすぎるのも困ります。常に崩してもらわないといけないことになります。1ドルのものを購入するのに100ドル紙幣を出せばあまりいい顔はされません。日本で100円のものを1万円札を出して買うのと同じになります。外貨両替をするときにはできるだけ金種が選べるところにするといいでしょう。1万円をドルにするなら10ドル紙幣、1ドル紙幣、そのほかの細かい紙幣なども混ぜるようにします。もちろん100ドル紙幣があれば財布は小さくできるので多く持っていくときは必要になります。