Browse By

外貨両替する際、ネット社会の変動しやすい為替相場

通貨はその価値を国家が保証する形で流通しているわけですから、我々が外国へ旅行してサービスを受けたり、商品を購入する場合、当該国の通貨しか利用できません。従って、通貨両替する時点の為替相場に応じて円をその国の通貨に替えることになります。しかしながら、国の基盤である政治、経済、社会状況が安定していないと為替レートの変動が大きくなり、安定しません。更に、インターネットが国内社会だけでなく世界の隅々まで普及しているわけですから、グローバルな事態に関する情報がすぐに世界中を駆け巡って政治、経済面だけでなく国家間の外貨両替レートにも大きく影響する時代になっています。そこで、海外旅行する際、為替レートの日々の変化を気にしないで外貨両替すると決して無視できない程の低いレートで当該国の通貨に替えることがあり、楽しみにしていた旅行が暗転しかねません。従って、出発前に国内で両替していくか、出発空港か現地の到着空港、あるいは、現地を旅行中に適宜、外貨両替するかで手数料込みの両替レートが相当変動するようですから、常に情報収集を大切にすることが必要です。

外貨両替を行う際の注意事項

短期出張や長期滞在に限らず必要な物、それは現地通貨です。国によってはクレジットカードが普及しておらず、使えない場合があるからです。そんな現地通貨を手に入れるために行うこと、それが外貨両替です。基本的には現地の銀行や両替所等で行った場合の方が、日本と比べてレートが良い場合が多いです。しかし国によっては日本で両替をしてもレートがさほど変わらない場合があります。ユーロやドルなどといった通貨の場合です。ユーロやドルなどの通貨への両替を行う場合、時間の節約のためにも日本国内で外貨両替を行うと良いです。日本国内で行うことで、日本語での対応が可能となり、心理的不安も少なく済みます。また、予め通貨を手元に置いておくことが出来るので、万が一現地の銀行や両替所などが休日により空いていなかった場合も安心することが出来ます。

外貨両替は出発する空港で行うのがいいか

海外旅行に行くときは空港を利用します。空港までは空港連絡特急、連絡バス、そのほか他の空港から来ることもあるでしょう。どちらにしても海外線がある空港を経由しないと行くことができません。韓国などだと船でいける場合もあります。海外旅行をするときは円だけで済ませることはできません。どうしても外貨が必要になります。そこで外貨両替をどこで行うかです。もっとも多いのが空港で行う人でしょう。実際に空港には両替ができる銀行などが多く設置されています。事前に情報を入手していれば空港に来る前に準備をしたりもできるでしょうが、多くの人は空港で済ませればいいと安易に考えているようです。手数料はそれぞれの機関によって多少異なるので、できればどこが安くなるかを確かめたうえで行います。空港が良いこともあります。通貨によって異なることもあります。